目指せ合格!小学校受験のための幼児教室BEST5

小学校受験に強い幼児教室を見つけるために

こぐま会

こぐま会

総合評価:16/20点

●合格実績:青山学院初等部7人、聖心女子学院初等科30人、東京女学館小学校25人、東洋英和女学院小学部12人、筑波大学附属小学校15人他 (2013年度)

公式サイトで詳しく見る

理英会

理英会

総合評価:18/20点

●合格実績:精華小学校65人、湘南白百合学園小学校32人、横浜雙葉小学校30人他(2013年度)
●教室内の志望校合格率は90%台後半
●神奈川では志望校の合格率が15年連続トップ

公式サイトで詳しく見る

ジャック幼児教室

ジャック幼児教室

総合評価:15/20点

●合格実績:青山学院初等部50人、学習院初等科67人、慶應義塾横浜初等部61人、早稲田実業学校初等部55人他(2013年度)

公式サイトで詳しく見る

国立

ここでは公立と私立の良さを兼ね備えた国立小学校の魅力や受験対策などについて紹介します。

子供の受験対策で考える国立小学校の魅力

国立小学校の魅力は、まず私立とも共通して以下のような点が挙げられます。

  • 高度なカリキュラム良い教育環境がある
  • 価値観が近い家族の子供が集う
  • 一貫校として勉強だけでなく友人たちと長期的な時間共有ができる

そして、国立小学校には私立にはない以下のようなメリットもあります。

  • 公立と私立の良さを兼ね備えた国立小学校の魅力や受験対策などについて紹介大都市部に集中しがちな私立よりは通学圏が広い
  • 私立に比べて授業料が安い
  • 公立と私立の良さを兼ね備えている

一方、国立ならではの点として留意しておきたい点は以下になります。

  • 中学は系列校への進学が多いが高校の進路はそれぞれ異なる
  • 学習教育実験校であることから学習内容が独特
  • 多くの学校で抽選方式を採用している
  • 国の予算に左右される部分がある

国立小学校が求める子供の特長

国立小学校の独自性という点では、教育実験校であることと、公共交通機関で通学することがポイント。

教育実験校なので教育実習生による授業も頻繁であるため、普段とは違う先生であっても、きちんと話を聞いて指示に従う生徒が求められます。

もちろん、話を黙って聞くだけでなく、受け答えができることも必要。また、通学時に電車やバスで周囲に迷惑をかけないというのも、低学年時は難しいかもしれません。

加えて、遅延や定期を失くしなりした時にも大人に助けを求めて対応できるコミュニケーション能力が不可欠となります。

そういった点で、私立よりも高い社会性が求められる傾向があるといえそうです。

国立小学校の受験対策

私立に比べるとペーパーテストは比較的優しいといわれる国立小学校ですが、ほとんどの受験生がしっかり勉強してくるので、知能教育が不要というわけでもありません。

また、社会性を育てておくという点も踏まえて、家庭では以下のような点を注意しておくといいでしょう。

  • 家庭での会話でも略せずに主語・述語・目的語を意識させる
  • 自然豊かな環境に馴染むために虫や動物に触れさせる
  • 簡単なものでも家事の手伝いで指示行動を身につけさせる
  • 国立小学校受験用の問題集に取り組ませる

ただし、これは家庭でできる最低限のことであり、特に社会性を培うという点ではきちんとした指導体制のある集団生活を体験する必要があります。

それらを考えると、家庭学習だけでは限界があり、国立小学校受験にも精通した幼児教室に通うことが良策です。

 
ページTOPへ ▲