目指せ合格!小学校受験のための幼児教室BEST5

小学校受験に強い幼児教室を見つけるために

こぐま会

こぐま会

総合評価:16/20点

●合格実績:青山学院初等部7人、聖心女子学院初等科30人、東京女学館小学校25人、東洋英和女学院小学部12人、筑波大学附属小学校15人他 (2013年度)

公式サイトで詳しく見る

理英会

理英会

総合評価:18/20点

●合格実績:精華小学校65人、湘南白百合学園小学校32人、横浜雙葉小学校30人他(2013年度)
●教室内の志望校合格率は90%台後半
●神奈川では志望校の合格率が15年連続トップ

公式サイトで詳しく見る

ジャック幼児教室

ジャック幼児教室

総合評価:15/20点

●合格実績:青山学院初等部50人、学習院初等科67人、慶應義塾横浜初等部61人、早稲田実業学校初等部55人他(2013年度)

公式サイトで詳しく見る

運動

このページでは練習と指示に従うことが重要な小学校受験の運動について、出題傾向や幼児教室の対策を解説します。

小学校受験の運動で知っておきたいポイント

運動試験でチェックされるのは、単純な走力やジャンプ力の高さというわけではありません。従って、試験内容も運動能力の高い子にしかできないようなものではなく、一般的な5~6歳児ならできるもの。

歩く・走る・ジャンプするなどの基本動作から、マット運動平均台ボールを使った動作など、指示に従って運動します。

その中で注意しておきたいのは以下のような点。

  • 練習と指示に従うことが重要な小学校受験の運動について、出題傾向や幼児教室の対策を解説立ち姿が定まらず身体をクネクネ動かしてしまう
  • よそ見をしたりボーッとしていて先生の話を聞かない
  • ゼッケン衣服などをずっといじっている
  • 整列から外れて勝手に歩き回る
  • 前後の子供に話しかけたりちょっかいを出したりする
  • 体操座りでじっとしていられない

指示に従って行動するのは何も運動そのものだけでなく、すべての流れにおいて評価対象となるわけです。

運動の対策|小学校受験の幼児教室選びのコツ

幼児教室の受験用運動では、基本動作マット・ボール・縄跳びなどの道具を使ったものなど、様々なメニューが行われます。

運動自体は高度なものではないものの、未経験のことを本番でスムーズにこなすのは無理。何度も練習することで慣れておくことが重要です。

すぐにできるようになる子もいれば、できるようになるまで時間がかかる子もいますが、できるまで頑張る子供になれれば、それも大きな成長。

また、授業としては聞く・見る・待つという指示行動も指導してくれます。

運動能力が高い子供の才能を伸ばすためなら体操教室もいいと思いますが、幼児教室の運動では普通のことをきちんとできる子にする点がポイントといえるでしょう。

 
ページTOPへ ▲