目指せ合格!小学校受験のための幼児教室BEST5

小学校受験に強い幼児教室を見つけるために

こぐま会

こぐま会

総合評価:16/20点

●合格実績:青山学院初等部7人、聖心女子学院初等科30人、東京女学館小学校25人、東洋英和女学院小学部12人、筑波大学附属小学校15人他 (2013年度)

公式サイトで詳しく見る

理英会

理英会

総合評価:18/20点

●合格実績:精華小学校65人、湘南白百合学園小学校32人、横浜雙葉小学校30人他(2013年度)
●教室内の志望校合格率は90%台後半
●神奈川では志望校の合格率が15年連続トップ

公式サイトで詳しく見る

ジャック幼児教室

ジャック幼児教室

総合評価:15/20点

●合格実績:青山学院初等部50人、学習院初等科67人、慶應義塾横浜初等部61人、早稲田実業学校初等部55人他(2013年度)

公式サイトで詳しく見る

行動観察

ここでは社会性がチェックされる小学校受験の行動観察について、出題傾向や幼児教室の対策を解説します。

小学校受験の行動観察の出題傾向

社会性がチェックされる小学校受験の行動観察について、出題傾向や幼児教室の対策を解説

小学校受験における行動観察は、試験科目として実施しているところもあれば、自由行動や絵画制作、運動の中でチェックしている場合もあります。

また、待ち時間に映像鑑賞や絵本読書などを上級生と一緒にする中で、子供の行動を見ている学校もあるほど。

要するに集団生活への適正をチェックしているわけで、これは家庭学習や一般的な幼稚園・保育所などではなかなかチェックポイントに目がいかない部分。

具体的にどんな課題が出されているか、事例を以下に紹介します。

  • 東京学芸大学附属竹早小学校/3人1組でカードをサイズの大きい順に並べる
  • 横浜国立大学附属横浜小学校/5人1組でパズルを完成させる
  • 青山学院初等部/小グループに分かれての共同制作
  • 慶應義塾幼稚舎/数人で協力するルールの鬼退治
  • 学習院初等科/5人1組で玉転がし

この場合、ひとりで勝手に課題をクリアしても評価されませんし、待ち時間の態度なども評価対象になるので注意してください。

また、組み合わせによる運不運もないとはいえず、日頃から集団生活に慣れ親しんでおく必要があるわけです。

行動観察の対策

幼児教室では複数名でゲームをしたり、課題に取り組んだりすることで、ルールを守ることや譲り合うことの大切さを学習します。

これは幼児教室自体の方針や雰囲気にも大きく関係するので、体験授業や入会者の評判などから判断するといいでしょう。

中には実験授業を積極的に採用しているところもあり、新たな気づきを通してグループ行動の意義やルールを実体験できるのがポイント。

子供同士にも相性の良し悪しはあるので、いきなり団体行動がスムーズにできるわけはありません。

自然に集団生活に馴染めるようなカリキュラムは、「先生の指示は一度だけだからきちんと話を聞く」というごく当たり前のことから、時間をかけて身につくように設計されているもの。

また、こうした指導は家庭における躾にもフィードバックされる効用もあります。

 
ページTOPへ ▲