目指せ合格!小学校受験のための幼児教室BEST5

小学校受験に強い幼児教室を見つけるために

こぐま会

こぐま会

総合評価:16/20点

●合格実績:青山学院初等部7人、聖心女子学院初等科30人、東京女学館小学校25人、東洋英和女学院小学部12人、筑波大学附属小学校15人他 (2013年度)

公式サイトで詳しく見る

理英会

理英会

総合評価:18/20点

●合格実績:精華小学校65人、湘南白百合学園小学校32人、横浜雙葉小学校30人他(2013年度)
●教室内の志望校合格率は90%台後半
●神奈川では志望校の合格率が15年連続トップ

公式サイトで詳しく見る

ジャック幼児教室

ジャック幼児教室

総合評価:15/20点

●合格実績:青山学院初等部50人、学習院初等科67人、慶應義塾横浜初等部61人、早稲田実業学校初等部55人他(2013年度)

公式サイトで詳しく見る

絶対合格を目指すなら!小学校受験の幼児教室ランキング

幼児教室ランキング
受験イメージ

このサイトでは、子供に楽しく学ばせながら小学校受験の対策ができる、幼児教室の情報をまとめています。
その中でも特におすすめの幼児教室を5つ厳選して、以下の比較項目でランクづけしてみました。

合格実績 受験サポート 授業の内容 教材の充実度

各項目は5段階評価にしてあります。小学校受験の幼児教室を探しているなら、ぜひともご参考に!

1位/理英会

総合評価
18/20点

理英会
合格実績
★★★★★
  • 教室内の志望校合格率は90%台後半
  • 神奈川では志望校の合格率が13年連続トップ
  • 2013年度実績で精華小学校65人、湘南白百合学園小学校32人、横浜雙葉小学校30人他
受験のサポート
★★★★☆
  • 保護者向けの願書添削や受験心得の指導あり
  • 幅広いネットワークで、志望校の最新情報を提供
授業内容
★★★★★
  • 年少コース/実体験授業を中心に、国語力・算数力・思考力・話を聞く力・集団行動力を身につける
  • 年中コース/推理・常識・数・言語・運動など高度な学習への対応力が身につく
  • 年長コース/習熟度別にコース分けを設定、志望校別ゼミや個別ゼミにも対応
教材の充実費
★★★★☆
  • 使用する教材は市販品ではなくすべてオリジナル
  • 受験生からの聞き取りで、試験内容を次年度の教材にフィードバック
  • 志望校別教材ではなく年齢や得意不得意に応じて担任が取捨選択

2位/こぐま会

総合評価
16/20点

こぐま会
合格実績
★★★☆☆
  • 2013年度実績で青山学院初等部7人、聖心女子学院初等科30人、東京女学館小学校25人、東洋英和女学院小学部12人、筑波大学附属小学校15人他
受験のサポート
★★★★☆
  • 家庭学習を指導するお母さまゼミや父親向けの土曜ゼミなどを実施
  • 会員のみが閲覧できる入試データを提供
授業内容
★★★★☆
  • 年少児対象/集団生活の基礎学習、運動・手先の巧緻性、言語・図形・数・記憶・行動観察など
  • 年中児対象/未測量・位置表象・数・図形・言語
  • 年長児対象/未測量・位置表象・数・図形・言語・常識・手先の巧緻性・推理・入試直前予想問題・新傾向の問題
教材の充実費
★★★★★
  • オリジナルの教材・教具を開発、全国の書店などでも販売
  • 年齢及び領域別に全100冊の問題集を開発
  • 家庭学習にも適した保護者向け指導書と問題集・テストのセットあり
  • 入試直前学習教材や生活・面接チェック教材も充実

3位/ジャック幼児教育研究所

総合評価
15/20点

ジャック幼児教育研究所
合格実績
★★★★☆
  • 2013年度実績で青山学院初等部50人、学習院初等科67人、慶應義塾横浜初等部61人、早稲田実業学校初等部55人他
受験のサポート
★★★★☆
  • 小学校受験の全科目を揃えて専科制で対応
  • 千人を超える年長会員からの情報を解析しての受験対策
  • 保護者向け講座で親の試験もサポート
授業内容
★★★☆☆
  • 年少コース/勉強、絵画制作、体操
  • 年中コース/勉強、受験絵画制作、受験体操
  • 年長コース/勉強、応用自在、聞き取り話し方、受験絵画制作、受験体操、集団行動観察、学校別クラス
教材の充実費
★★★★☆
  • 年長クラスのペーパー教材は解答の早さや応用力が身につく
  • 自発的な行動を習慣づける応用自在という独自のカリキュラムあり

4位/ICE幼児教室

総合評価
14/20点

ICE幼児教室
合格実績
★★★☆☆
  • 2014年度実績で東京学芸大学附属世田谷小学校16人、田園調布雙葉小学校12人、横浜雙葉小学校12人、桐蔭学園小学部29人他
受験のサポート
★★★★☆
  • 母親向けセミナーや巧緻性講座など独自の受験対策プログラムあり
  • 受験体操やリトミック、各種講習などオプションが充実
授業内容
★★★★☆
  • 年少コース/知育トレーニング、日常生活・言語指導
  • 年中コース/知育トレーニング、日常生活・言語指導
  • 年長コース/学力診断テスト、読書指導、受験絵画、傾向と対策・特別講座
教材の充実費
★★★★☆
  • 脳科学でも注目されるモンテッソーリ教育法を導入
  • 発達段階と目的に合わせて適切なカリキュラムを用意

5位/チャイルドアイズ

総合評価
13/20点

チャイルドアイズ
合格実績
★★★☆☆
  • 2011~2013年度実績で早稲田実業学校初等部8人、暁星国際小学校15人、お茶の水女子大学附属小学校13人、筑波大学附属小学校20人、横浜国立大学附属横浜小学校29人他
受験のサポート
★★★☆☆
  • 子供の進路に関するアドバイスあり
  • 面接の特訓日あり
授業内容
★★★☆☆
  • 年中コース/ペーパー教材、絵画制作、巧緻性、表現など
  • 年長コース/受験本番を意識した授業、難問へのチャレンジ
教材の充実費
★★★★☆
  • 受講生の約95%が1年間でIQ向上するカリキュラム
  • 100種類以上のオリジナル教材を使った授業
  • 知能因子論をベースに、肥田式知能理論を軸にした教育

小学校受験の幼児教室の選び方

幼児教室の選び方

小学校受験の幼児教室選びでは、我が子に合う指導方針、雰囲気、そしてお友達がいることなどを確かめることが大切。それは実際に体験授業などに足を運んでみて、親子でその教室を実体験してみないとわからないことばかりです。

そこで、今回1位に選んだ理英会を例に、良い幼児教室のポイントをご紹介します。

選び方イメージ

合格実績は志望校への合格率で見る

志望校への合格率

難関校の合格者数が多いか少ないかは、幼児教室の規模にも関係するので、志望校に対する合格率という意味では単純比較はできません。

その中で今回1位に選んだ理英会は、各教室の志望校合格率が90%台後半という実績がありました。

小学校受験をする際、この幼児教室で難関校に受かるのかどうかは非常に気になるところですが、難関校の合格者数とあわせて、「志望した学校に合格できている割合はどうか」もチェックしてみてください。

ちなみに神奈川の有名小学校では、合格者の中に理英会出身者の割合が高くなっています。2013年度実績から一部をピックアップしてみました。

  • 精華小学校:理英会合格者65人/定員80人
  • 湘南白百合学園小学校:理英会合格者32人/定員60人
  • 横浜雙葉小学校:理英会合格者30人/定員80人

受験サポートの充実度をチェック

受験サポートの充実度

ほとんどの幼児教室では、子供への指導に加えて、面接対策や志望校選びのアドイスなど、受験に向けてのフォローやアドバイスもしてくれます。

中でも理英会は、入学願書の書き方を添削してくれるなどサポートが充実。親に対する指導もマニュアル的なものではなく、受験の心得をしっかり理解させてくれる内容なので、とても頼りになると思います。

授業内容を見極める

授業内容

多くの幼児教室で、小学校受験は年少・年中・年長の3コースに設定されています。

年少時は体験授業にウェイトをおいて、年長になれば志望校別の授業を受けるなど実践的な内容になっています。

実績のある幼児教室なら、教育方針や指導方法に違いはあっても、授業の質に大きな優劣はないでしょう。 比較するとすれば、1クラスあたりの人数。5~10人の少人数制を採用している教室だと、1人ひとりに目が行き届くため安心です。

教材の質と受験対策

受験対策

家庭学習だけでは、有名小学校の受験対策がおぼつかないのは事実。

一方で、幼児教室で習ったことの復習も含めて、家庭での学習習慣をつけることも欠かせません。そのため、自宅学習での受験対策を意識したオリジナル教材を取り入れているかも、幼児教室選びのポイントになります。

理英会やこぐま会、チャイルドアイズなど独自教材で定評のあるところもありますが、特に理英会は受験生からヒアリングした入試内容を、次年度の教材にすぐ反映している点で高く評価しています。

以上のポイントを参考に、今回のランキングでは「理英会」を1位にしました。

このサイトは、私が独自に集めた情報をまとめたものなので、各教室の公式サイトをチェックして、より合格の近道となる幼児教室を選んでくださいね。

小学校受験の幼児教室に入る前に

幼児教室に入る前に

小学校受験は、子供と親の二人三脚です。子供に合った幼児教室を探すこともそうですし、通い始めた後も親子で取り組んでいかなければなりません。子供が気持ちよく幼児教室に通える環境を作ってあげましょう。

以下に、子供を幼児教室に通わせる前に確認しておきたい項目を紹介します。

何のために幼児教室へ通うのか

幼児教室は小学校受験に強い教室のほかにも、知育教育に力を入れている教室、運動や楽器を通して情操教育を行っている教室など、色々な幼児教室があります。

幼少期の子供は興味を持つ対象も多く、将来の可能性は未知数です。多くのことを学ばせてあげたいのが親心というものですが、幼児教室を掛け持つことは子供にとっても親にとっても負担になってしまいます。

何のために幼児教室へ通うのかイメージ

幼少期の子供は興味を持つ対象も多く、将来の可能性は未知数です。多くのことを学ばせてあげたいのが親心というものですが、幼児教室を掛け持つことは子供にとっても親にとっても負担になってしまいます。

子供の適性や興味のあることをよく観察してあげて、親だけが夢中になっているということが無いようにしなければなりません。

数ある幼児教室の中から、小学校受験のための幼児教室に通うことを考えているのであれば、「小学校受験に合格する」という目的があると思います。そういった「何を目的としてその幼児教室に通わせるのか」を明確にしておくことはとても大切です。

親のすべきことを考えておく

幼児教室へ通う前に、送迎のことを考えておく必要があります。幼児教室を選ぶときのチェックポイントにもなりますが、自宅からの距離や行き方、交通費がどれくらいかかるのか調べておきましょう。幼児教室が自宅に近いことは、もちろん子供にとっても負担が少なくてすみます。

通わせたい幼児教室が遠い場合、本当に送迎できるのか良く考えて決めてください。何年か通い続けることを見越して、通い始めた後にやっぱり負担だと感じてしまうことのないようにしましょう。

費用について考えておく

幼児教室の費用も、もちろん親の役目となります。各幼児教室の費用はホームページやパンフレットを確認するか、それらに記載されていない場合は、電話やメールで問い合わせて詳細を教えてもらいましょう。体験授業を受けた際に詳しく説明がされることもあります。

また、幼児教室へ支払う月謝だけでなく、教材費や施設費などの別途発生する費用があるかどうか、交通費などもトータルで考えておく必要があります。

体験授業を受けてみる

小学校受験の幼児教室は、それぞれ特色ある指導内容や得意とする小学校が分かれています。

自分の子供がその幼児教室に合っているかどうかは、体験してみないと分かりません。多くの幼児教室で体験授業を無料で受けることができますので、親自身も教室の雰囲気や施設、深く関わることになる先生との相性を確認しておきましょう。

体験授業イメージ

親がいくら通わせたい幼児教室であっても、子供が嫌がる場合は考える必要があります。親目線では見えない、子供が嫌だと感じる部分があるのかもしれません。ただし、最初は嫌がっていても通っているうちに楽しくなってくることもありますので、子供に適しているかどうか見極めるのはとても難しいことです。

気になる幼児教室の体験授業をいくつか受けてみて、親子で気に入った教室を見つけられるのがベストです。

小学校受験の幼児教室Q&A

小学校受験の幼児教室Q&A

我が子のために幼児教室を探していると、さまざまな疑問が出てくると思います。下記では幼児教室に関してよくある疑問に答え、知っておくと役立つ情報も記載していますので是非ご覧ください。

小学校受験の幼児教室は、何歳ぐらいから通わせるのが良いでしょうか?

小学校受験の幼児教室であれば、3歳から通える年少コースから始めると効果的でしょう。幼児教室の指導する期間が長い方がアドバイスも多く受けられ、色んな視点で見てもらえるので、志望校の選択肢を広げられます。そして、小学校受験の準備として勉強に触れあっていき、学習する楽しさを育んでいけることが小学校受験に大きくプラスとなります。

多くの3歳未満を対象とした幼児教室では、のびのびと生活しながらお行儀も学んでいくといった、主に子供の育つ環境を整える内容となっていますが、知育教育を開始した年齢が早いと知能指数の伸びが大きいというデータもあり、0歳から受け入れている幼児教室もあります。

どの小学校受験の幼児教室に通えばいいのでしょうか?

小学校受験対策の幼児教室と言っても、多数の教室があります。それぞれの幼児教室でどこの小学校受験に強い、ペーパーテスト対策に強いなどの特色が違います。もし、志望小学校が明確に決まっているのであれば、その小学校の合格率が高い幼児教室を選ぶのも良いでしょう。

また、教育方針とともに幼児教室までの距離と交通手段、費用も大切なチェックポイントです。遠くてもその教室が我が子に最適だと思う場合は、教育方針や費用などをトータルで考えて決めていきましょう。いずれにしても、通う目的から幼児教室を決めることが大切です。当サイトでは、おすすめの幼児教室を紹介してますので参考にしてください。

「大規模な幼児教室」と「小規模な幼児教室」どちらが良いのでしょうか?

大規模な幼児教室は、大勢の集団の中でコミュニケーションをとっていき、協調性や社会性を身につける機会が多いのが特徴です。切磋琢磨するお友達が多いので、子供の向上心を伸ばすメリットもあります。

小規模な幼児教室は少人数クラス制を採用し、先生が子供にマンツーマンで指導してくれる場面も多いので、子供のペースに合わせて授業を受けられるといったメリットがあります。

マイペースな子供であれば、大規模な幼児教室で協調性を学ぶのも良いでしょうし、基本的な集団活動は保育園や幼稚園に任せて、小規模な幼児教室で小学校受験の個別対策をするといった方法もあるかと思います。

一番大切なのは、教室の方針と家庭の方針が合っているか?子供に合っているか?を考えて教室を決めることです。各幼児教室の指導方針を知るには、体験授業を利用するのが効果的です。

幼児教室の支払いはどのようなシステムでしょうか?

多くの幼児教室が月謝方式をとっています。教室によっては、2ヶ月分をまとめて支払う方式や、学期ごとに支払う方式をとっているところもあります。

そのほかにかかる費用として、入会金や教材費などがあります。教材費や施設使用費などは、別途かかる場合と月謝に含まれている場合があり、幼児教室によって異なります。幼児教室を選ぶ際は、月謝の金額だけではなくトータルでどのくらいかかるのかを確認しておきましょう。

知能指数は小学校に上がってからの成績に関係あるでしょうか?

知能指数(IQ)は、記憶・推理・判断の力を科学的に示す数値です。学業成績との相関関係があり、IQが高いと学力の向上へつながる可能性があります。

しかし、学力は学習する時間と効率が伴わないと向上されません。いくらIQが高くても、勉強しなかったり勉強の機会がなかったりすると、本来の学力が発揮されないのです。幼児教室で潜在的なIQを伸ばしたり、勉強する習慣をつけることは、学力向上にとても効果的と言えます。

 
ページTOPへ ▲